• 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/11/29(Sat)

赤き血のイレブンカップ

今日は音楽の話じゃなくて、サッカーの話です。

「赤き血のイレブン」というアニメをご存知だろうか?
かって数十年前に一世を風靡したサッカーアニメだ。
この主人公と言われているのが、浦和南高校の永井選手。
彼はその後、日本リーグの古川電工に入り、全日本でも活躍した。

そのアニメのタイトルを冠したシニアのサッカー大会がこの週末に開催された。
場所は、ジェフ千葉の本拠地、フクダ電子アリーナ。。。と言いたいところだが
隣接のサブグラウンド、フクダ電子スクエア。

参加チームは8チームで、な、なんとあの浦和南OBチーム、習志野OBチーム、
相模工大高OBチームをはじめ、あの中田を輩出した韮崎とかとかとか、、、
かって全国を制覇したような高校OBチームがずらり!
わが千葉の葛城クラブチームはまず相手にならないことは明白だった。

ぼくは土曜日だけの参戦だったが、浦和南、古河一、相模工大高OBチームと
3試合出場。20分ハーフ合計120分のうち、80分ぐらい出た勘定だ。
結果は言うまでもなく、すべて惨敗してしまったが、浦和南からもぎ取った貴重な
一点はぼくの左足が叩き出したのだ。まあたまたまなんですが。。。

最後の試合、もうへろへろなのに加えて、えー?な、なんとドイツに渡って日本人で
最初のプロになったあの奥寺さんがいるではないか!びっくら。
真ん中のハーフから、引き気味のセンターバックという感じで、ちょうどぼくのマークに
なってしまった。な、なんてこったい。こりゃどうにもなりましぇーん。
やはり、やるからには、少し走りこまねばいかん!!
と早くも来年からの決意を固めた一日であった。

奥寺さんと一緒
奥寺さんと一緒の写真。中央が奥寺さん、左が筆者。

虹の向こうは曇り空
夕方にわか雨のあとに、ダブルの虹が!!


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2008/11/29(Sat)

スナック蘭亭の百合子まま

あーまた今週も激務であった。
すうううっかりご無沙汰してしまいました。

ご無沙汰といえば、最近めっきりカラオケに行ってないなあ。
カラオケでめいっぱい歌って、発散したーーーい。
まあ明日タマけりだから、それでまずは発散するか。

カラオケと言えば、新入社員だった頃から行ってるスナックがある。
ぎろっぽん、じゃなくて六本木は旧テレビ朝日どおりの材木町。
再開発にかろうじて免れたそれこそヒルズのお隣のちっぽけなビルの
2階にその店はあった。スナック蘭亭のカウンター越しの窓から
オレンジ色に染まった東京タワーが見えたが、今はビルしか見えない。

蘭亭のウリは、秋田県出身の美人姉妹の二人がやっていること。
ずいぶんと足しげく通ったもんだ。特にお姉さんの百合子ままには
人生相談に乗ってもらったし、歌の趣味も不思議と合った。

ある日お得意さんが提供する歌番組のリハを、ホールの真ん中で一人
座って見ていたことがあった。な、なんと森進一さんが、2回同じ曲を歌った。
ふーんと思って何気に聴いていただけだったが、その後しびれて動けなくなった。
生歌でここまで感動したのは初めてだった。“北の蛍”。阿久悠作詞の
あの曲がそれだった。

翌日、早速レコード(!)を購入、ちょっとカセット(!)ウォークマンで覚えて
早速蘭亭へ。百合子ままに、そんな話をしたら、「あら、それ今日買って
置いたわ!」と。驚愕。そのまま誰もいない蘭亭で数回練習。その後
何十回と猛練習。おかげでその年末のあるお得意さまの忘年会で
約2000人の前で歌い、見事にカラオケ大賞に輝くことができたんですな!

何年かして、百合子ままは「健康診断でポリープが見つかったから、ちょっと
取ってもらうのよ」という言葉を残し、帰らぬ人となった。明らかに医療ミスだと
わかったが、どうしようもなかった。

今は蘭亭には恵美子ままがいて頑張ってる。行くといつも、真っ白い百合の花が
生けてある。高貴で上品で、つんとした芳しい香りを漂わせ、百合子ままは
そこにいる。でも無性にさびしくなることがある。周りのばか騒ぎがたまらなく
うざく思え、孤独でどうしようもなくなることがある。ノートを取り出して、一気に
書きなぐった言葉に、曲をつけてみた。

ひとりで飲みたい時もある

この曲の大サビの歌詞を、収録するときに変えたらどう?という意見があって、
最終的に変えた。

さよならさよなら繕い笑いの日々
さよならさよならぼくの行き止まり人生
さよならさよなら誰がぼくをわかってくれた
さよならさよなら遠くに行った君以外に

最後の「遠くに行った」は、もともと「天国に行った」という歌詞だった。
変えたことで、「女々しい恋愛の歌ねー」と言われたことがあった。
でも、別に反論しなかった。してもしょうがないと思った。
ま、いっか。。。。



ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ




Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/11/26(Wed)

ヌーボーの会

ヌーボーの解禁は20日だったが、ちょっと遅れて日曜日に
ヌーボーの会に初めて参加してみた。

昔の仕事仲間で、テレビ番組のプロデューサー、ディレクター、脚本家に
料理の先生、種種のスタッフとかとかかなり凄腕のワイン通15,6名の中で
最初はちょっと浮いた感じだったが、ちびちび飲んでるうちにすぐ和んできた。

参加資格は、各人(各組)が必ずヌーボーを1本持参すること。ただそれだけ!
料理は、先生たちがチーズフォンデュとか、豆乳鍋とか用意してくれた。
これがまたワインと合うのなんのって。

特筆すべきは!集まった12本のヌーボーすべてが、まったく違う銘柄だったこと!
えー、ヌーボーってこんな沢山の種類があるんだ!!ちょっとした驚き。
ボージョレー地方にはいったいいくつのワイナリーがあるんだろう。。。
などと思いつつ、調べてもみないのが、やっぱ中年なんだが。。。

値段的には、一番高いので、5000円以上から、一番安いので、2000円台まで。
だんだん味がわからなくなるから、まずは高い方から徐々に味見していく。
ううむ。なんと、なかなかコクも円みもあるしっかりした味ではないか。
やっぱ、値段にやや比例する傾向はどうしても否めない。

ヌーボーって、あの味の薄い、ジュースみたいで、しかもほとんど
航空運賃でばっか高いやつなんて、飲んでたまるか!と思っていたが、
このときばかりは、おぬしなかなかやるではないか!とヌーボーを
再発見した一日であった。じゃんじゃん。

10113206975_s.jpg
来てくれたタレントの鈴木麻衣花ちゃんが撮った写真です。
麻衣花ちゃんのブログから、無断借用です。ごめんなさ~い。


↓Please click here! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/11/22(Sat)

言葉の礫(つぶて)

また随分とご無沙汰してしまいました。
今週はほんとにいろいろご多忙で、なんとか乗り切った自分をほめてあげたい!
なあんて、自画自賛だけど、誰もほめてくれない場合は、自分でほめるしかない。
誰かの言ったこの言葉、なんとなくわかる気がいたしますです。

今週は連夜残業していたんだが、日が暮れるのがほんとに早くなった。
夏が終わったと思ったら、もう木枯らしの季節。
暗くなったリフレッシュコーナーから、下界を眺めつついつも思うこと。
道路にぎっしりと詰まった赤いテールランプと、ヘッドライト。
のろのろ動いたかと思うと、また止まって。。。

ビルの上から見るこの情景。まるでうっ血した血管みたい。
日本のそこかしこで、酸素が欠乏している。
酸素が欠乏すると怒りやすくなる。怒ると人を傷つけたくなる。
本当に物騒な世の中になりました。あっちこっちで起こる殺傷事件。
病んでますなあ。。。

実際の刃物を使わなくても、時に言葉で人を傷つけたりすることもある。
これはしょっちゅう自分でも反省することしきり。口は災いの元なんですな。

うっ血した道路を眺めながら、そんなことをつらつら考えつつ、
反省しつつ、ザンゲつもり(ややおおげさ)で書いた曲があるんで
よかったら聴いてくださいましです。
  ↓
言葉の礫


↓Please click here! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/11/18(Tue)

風街ロマンのお師匠さん

ちと時間があいてしまったが、花金の話の続きです。

新橋の焼き鳥屋をあとにし、久しぶりに四谷三丁目の’70Folkの店“風街ロマン”
足を伸ばしてみた。

相変わらず気持ちの良い混み方だ。常連さんに混じって、たまに新人も登場。
こうやって徐々に徐々にお客さんが輪に加わっていく。

常連さんの中にはいろんな有名人もいるが、ここではそういうことは一切関係ない。
共通項はただ単なるフォークソング好きというだけ。

ひとりだけ、ぼくの尊敬しているお師匠さんを紹介したい。
女流落語家として初めて真打になった古今亭菊千代ねえさんだ。
http://www.sun-ad-center.com/kikutiyo/ (リンクも見てね)

いつもカウンターの端っこの一番ステージに近い席で、赤ワインのデキャンタを
すこ~しずつ飲りながら、みんなが歌うのをにこにこしながら見ている。
それはそれはやさしいおねえさま。

ところが、ある日、ぼくのちょっと気を抜いた演奏に、一喝!
あっと!おどろいたのは、ぼくだけじゃなくて、回りの方々。
こういう千代おねえさまはなかなかなかったみたいなんですね。

それ以来、ぼくは菊千代ねえさんのことを勝手にお師匠さんだと思っている。
箸にも棒にもかからなければ、きっとそういうことは言ってくれないだろう。
きっと少し頑張ればそれなりになれる見込みがある。
そう思ってくれなければ。。。これは叱咤激励!なのだと。

芸の道の厳しさを、いやというほどご存知のお方の一言は、
いやはやなかなか効きました。
おっしょうさんこれからもよろしくでございます!



励みになりますでキヨキ一クリ
よければ↓お願いいたしやす。(にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2008/11/15(Sat)

日本一うまい焼き鳥屋

昨日は久々の「花金」だった。もう死語になってるかも知れないが、
この言葉の響きは、いつになっても自分の中では変わらず、にんまり。

なあんて大げさだが、べつにどうということはない。お気に入りの焼き鳥屋で
お気に入りのメニューを堪能し、その後気が大きくなって四谷三丁目の
“風街ろまん”に行っただけの話だ。

ここまで書くと、その焼き鳥屋の話は避けて通れないんで、今日はそこに
焦点を絞ることにする。

新橋の烏森口から徒歩3分のところにあるその焼き鳥屋は「鳥心」といい、
ごく普通の居酒屋風ではあるが、ぼくは個人的にはここは日本一うまい!
と思っている。日本一ということは、世界一と言っても過言ではない。

5年ほど前になるだろうか。同僚と二人でその界隈を探索してたまたま見つけた。
その後、事あるごとに内外のあらゆる人に紹介してきたが、ほとんどすべての
方々から異口同音に賞賛の言葉をいただいている。

何が良いか?って。
素材と焼き方に尽きる!!ってことかな。あとはお店で働く人たちがいいってところも大きい。
なかなか一言では言えないので、取り合えずご興味のある人は、グルメガイド
をチェックして欲しい↓
http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0354052785/index.html

お勧めは、店長のお任せコース。その日の一番良い素材を厳選して出してくれる。
例えば、せせり。これは人間で言うとふともも。ちょっと皮がついているが、
皮をカリッと、中はジュウシーって感じ。それから首肉。最初は皮かなって思ったら、
違った。なるほど、足も首もいつも動かしてる部分の筋肉で、こりっとしているのだが、
やわらかい。ぼんぼちは、どこでも当たり前になったが、これも毎日使用する
筋肉の部分で、問題なくうまい!レバーは、予約をするとたまに白レバーが出る。
これは突然変異でなかなか流通しないみたいで、コネなんだそうだ。
レバーの好きでない人も、一度試して欲しい。きっと好きになる。

この店が好きな理由は、もうひとつある。店長はめっちゃ腰の低い人なんだが、
ヘビメタ系大好き人間で、カラオケに行くと人が変わるのだ。
もうかなり前の話だが、店長のKさんと焼いてるFさんと、店が終わってから
近くのカラオケルームに行ったことがある。お店の紹介では、ボサノバが流れる。。。
なんて書いてあるが、実際はビートルズだ。で、プライベートではヘビメタ。
このギャップが、なんともシュールなのだ。あの時はケッコウ盛り上がりましたです。

昨日はその店長はお休み。えええ?なんともう2ヶ月も。どうも腰を痛めたって。
いやはや、そういう商売も体力勝負ってとこはあるよな。サラリーマンもそうだけど。
皆さんも健康に注意して、充実した毎日をお過ごしくださいませ。
それではまた明日。明日は風街の不思議なお客さんの話をしようかな。
おやすみなさい。



励みになりますでキヨキ一クリ
よければ↓お願いいたしやす。(にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2008/11/13(Thu)

シンガポールで南十字星は見えるか?

今日はお月さんがまん丸で、しかも真上にあって、首が痛くなった。
西の空を見たら、シリウスが燦然と輝いていた。
大犬座の中心となる星で、マイナス1.4等星。恒星の中では一番なのだ。
なんて、これは昔理科の試験で間違えたから良く覚えてるだけなんだけど。。

星座といえば、シンガポールで南十字星が見えるかどうか、確かめに行った。
場所は、南の端にあるセントーサ島のその最南端の海岸。
実はシンガポールは北緯100kmで列記とした北半球なのだ。
昔、北半球からは見えないと言われていたのだが、文献にはある季節には
水平線上のわずか上に見えるという・・・。

その日は若干曇ってはいたが、星が見えないこともない。が、南十字星は
北極星と同じ2等星の星座で、そんなに目立たないらしい。
夜になって、見える頃になって、ずっと待っていたが、どうもそれらしいのが
見つからない。近くで戯れてる現地の若者たちに聞いてみた。

「南十字星(サザンクロス)?何、それ?」
「星座(コンスターレーション)の名前だよ。」
「コンスターレーションって、何?」

話にならない。どうもシンガポールの若者はMoneyには興味があっても
星座という単語すら知らないようだ。さすが、淡路島程度の小さな国がここまで
来たのにはわけがある!と納得。だが待てよ。そんな話をどっかで聞いたかも?

今気がついたが、それ以来実はまだ確認ができていない。(おさわがせしました)

家に帰ってあの夕景の海岸線を思い浮かべて、「今はもう秋。。。」という歌が
口をついて出てきた。そんな歌を作ってみよう!ということで、一曲できた!
トワエモアとうより、なんとなくサザンになっちまった。やっぱ海はサザンだ。
ちょっと違うけど、↓よかったら、聴いてね。
秋色のシルエット


励みになるんでよければ↓クリックお願いします。(にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/11/12(Wed)

シンガポールでの音楽活動(?)

音楽活動。。えー?そんな大それた表現は誤解を招くよな。
なんということはない、よくカラオケに行って、よく飲み、よく歌った。

日本人サラリーマンが集うオーチャードの東のばずれにあるビルの
カッページプラザ、オーチャードプラザにカウンターのカラオケ飲み屋が多々あり、
何時間いても、何曲歌っても40ドル(当時もレートで3,000円弱)というから、
よく同僚や、お得意さんとも一緒に行ったもんですな。

多分、この時代にカラオケパブに通ったことが、発声練習とか表現力の
向上に大きく寄与していると言って間違いない。

郷ひろみの恋の歌3部作と言われている“言えないよ” “ぼくがどんなに君を
すきか君は知らない” “逢いたくてしかたない”は、熟練し、ほぼプロの領域だ!?
GLAY、氷室、徳永、ルナシーのボーカル(。。。なんだっけ。。。名前が出てこない。)
あとは、日本では全く知られていないが、スエーデンのロックグループで
Michael Learns to Rockの歌がローカルの間で大人気で、よく覚えたがもう忘れた。
とか、平井堅が楽園でデビュー、これは十八番だったな。

帰任間近には、サザンのTSUNAMIが大ヒット。今でもこれを聞くとあまりに懐かしく、
セントーサ島の海岸の夕暮れのシーンを思い出して涙ぐんでしまう。。。
(ちょっと大げさ)

逝っちまった比呂さんとも、よく行った。カッページの“かくれんぼ”のちーままが
彼の奥さんだった。ひろこさんというニューハーフの店にもよく行った。
ひろこさんは、その後バンコックに店を出したと言ううわさを耳にしたけど
今はどうしてるんだろう。知ってる人がいたら教えて欲しい。。。かな。
知っても別にどうってことないんがけどね。。。

今日はなんか取り留めのない話になったが、最後まで読んでくれてありがとうです。

おやすみなさい。


よければ↓クリックしてね。(にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/11/09(Sun)

比呂亭のひろさんの訃報

最近著名な方の訃報が続きましたね。
筑紫哲也さんとか、ちょっと前だと緒方拳さんとか。。。
みなさんそれぞれ、人生をもうスピードで走って来て、一時代を築き上げ、
病魔と最後まで戦い、壮絶に散っていったんですね。
我々もそろそろ気をつけましょう。

実は先週末、身近でもそういうことがありました。シンガポールで居酒屋を経営
していた、ぼくの音楽仲間でもある人が亡くなってしまったという。

シンガポールは、8年ほど前まで約4年間赴任していましたが、そこでよく行った
日本の居酒屋にひとつに、『ごめんなさい居酒屋 比呂亭』がありました。
そこの店主の比呂さんとはすぐ懇意になり、音楽の話とかもしてました。

ある日、比呂さんの友達で、薬屋を経営していた日本の人が、インドネシアから
シンガポールに帰る飛行機事故で亡くなった時、“あいつのために歌を創りたい”
といって彼が詩を書き、ぼくが曲をつけ、彼の地で始めてコラボCDを製作。
知り合いの女性ラジオパーソナリティのやってるFMラジオで流したりして。。。

IMG_0920_convert_20081109222411.jpg

まだ多分40台の半ばぐらいか?あまりに突然だったし、志も半ばかも?
と思うと心が痛みます。

でも、彼は彼なりにおもいっきり、突っ走ってきたと思う。あんまり早く突っ走りすぎて
早く逝っちまったんじゃないかと。前からせっかちだったけど、焦りすぎじゃないかい!

シンガポールで比呂さんとコラボした思い出の曲をまた聴きたいと思った。
しばらくあの頃に思いを馳せ、彼を偲びたい。
君に捧げるレクイエム

合掌

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/11/08(Sat)

フラメンコに魅せられて

いやー、今週は怒涛のような忙しさ。
どこの会社もそうかもしれないけど、今頃予算会議みたいなことをやる時期でしょうか?
いろんな国からお客さんがどかどか押し寄せ、昼夜を問わずちょー過密スケジュール
(当然夜は宴会ですが・・・)。おかげでなかなかブログの更新ができませんでしたが、
これからは最低2日に一度は書いていきたいですな。

ところで、その怒涛の今週の前の週(つまり先週)の木曜日、フラメンコの舞台を
観てきました。フラメンコといっても、純粋な踊りではなく、フラメンコをベースにした
新しい創作舞踏とでもいうべきでしょうか。たまたま仕事で知り合った女性の娘さんが、
主演されるというので、こりゃあぜひイカナ。

物語は古き良き時代の日本。二人の男性から求婚され、思い悩んだ末にどちらも選択する
ことができず、自ら死を選んでしまうという悲恋物。ちょっと考えると、ミスマッチじゃないか・・・
と想像してしまうのだが、意外や意外。フラメンコのあの情感たっぷりのジプシー挽歌と
ガットギターのじゃらじゃらんという音色になんとも心打たれる思いでありました。

十数年前に、スペインに仕事で2週間ほど滞在。バレンシアでオレンジをほおばり、
バルセロナでワインセラーを訪ね、最後にマドリッドでフラメンコを観て感動。
その時に買ってきたジプシー系のCDを探さねば。。。どこかにあるはずなんだが・・・。


主演は荻野リサさんという方で、若い頃からその才能を認められ、
奨学金を得て2度にわたりスペインに留学されたとのこと。
数年前に、2度目の留学から帰国後のステージを観て素晴らしいと思ったけど、
今回はさらにスケールアップ。一挙手一投足がびしっと決まり、情感がほとばしり、
その指の爪の先からも限りないオーラを発しているのが感じられました。

本当に過酷な修行を積んだというか、血のにじむような稽古をしてきた者のみが到達できる
領域なんだろうなと、感服しつつ、逆に自分の不甲斐なさをヒシヒシと自覚してしまった。
あーあ。ようし、毎日30分!がんばるぞー!(だめだこりゃ)

PS:荻野リサさんのHPをリンクに入れましたので、是非訪問してみてくださいね。

それではまた。
よければ↓クリックしてね。(にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ





Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/11/04(Tue)

今、信じられるもの

てつや!おまえもか
今朝の小室さんのニュースは衝撃的でした。
毎日こつこつと働いた給料から源泉徴収されてしまうサラリーマンからみると
ちょっと金銭感覚的にケタが違いすぎて、絶句してしまいます。
経済といい、政治といい、教育といい、モラルといい、日本はかなり
危機的状況にあるのではないでしょうか?

子供の模範となるべき大人がイイトシしてきたないことをやっていると
子供たちはみなそれでいいと思ってしまう。いままさにひとりひとりが
襟を正していかねば、外国からもなめられてしまいます。
麻薬密売人の外国人が、「こんなに売れて、日本は大丈夫かと思った。」だって。。。

今、いったい何が信じられるのか?

ところで、前回ご紹介した’70Folkの店風街ロマンのライブが、銀座のパセラリゾート
というライブハウスでこの間の9月にありました。
このライブは、あくまで店のお客さんの自主的な盛り上がりから始まったもので、
半年に一度のペースで開催、今回でもう4回目とのこと。

今回も約40組におよぶバンド/個人が各2曲ずつ披露するということで、
午後1時の開始から延々7時間、終了は午後8時というまるでかっての
フォークジャンボリーそのもの。

この間、入れ替わり立ち代り盛り上がり、誰一人として帰る者なし。
このライブに賭ける情熱!!
これはまさに信じられるものではなかろうか。

その時に歌った2曲のオリジナルのうち、1曲をアップしますので、是非聴いて
くださいね。↓『今、信じられるもの』です。(・・・なるほど、そう来たか!)
今 信じられるもの

それではまた。
よければ↓クリックしてね。(にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2008/11/02(Sun)

フォーク居酒屋“風街ろまん”のこと

最近たまに四谷三丁目の'70s Folkの店“風街ろまん”に出没するように
なりました。会社の同期会でひさびさに会った友人の紹介がきっかけです。

行ってみたらマーチンD-41、D-42、GibsonJ-45をはじめ往年の名器がずらり。
な、なんとそれをお客さんが勝手に弾いて歌っていいという!!!
うそだろ!と思っていたら、これがほんと。そのうち三々五々皆さん歌い始め、
しばらくしたらカウンター席、ボックス席も満杯で、皆さん通路に立って親しげに
音楽談義に花を咲かせてらっしゃる。

そう、皆さん最初は全く赤の他人さんだった人たちが、同好の士と巡り合い、
だんだん輪が広がって、開店から約3年でものすごい状態になっているのでした。
サラリーマンはもとより、小説家、女流落語家、印刷会社社長、某製薬会社社長
などなど顔ぶれは本当に多彩で、それはただ単にフォークソングというものを
心のルーツに持っているという理由からだけで成立している不思議な人間模様なのです。

だから変な利害関係は一切なしの、お気楽・極楽なお付き合い。
というか逆に関係は非常に“濃い!”のです。
皆さん業務終了後に、家に帰るまでのひとつの羽を休める止まり木でもあり、
またそこで明日の活力も得ることができる、と言うことなのですな。

ご興味のある方はどうぞ一度お試しくだされ。(関連リンクご参照ください)
残念ながら「このブログを見て来た」と言っても何の特典もありませんが。あしからず。
風街ロマンのHPアドレスは↓
http://www.kazematiroman.ecnet.jp/

それではまた。よろしければ↓クリックしてね。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/11/01(Sat)

Now or Never

今日は木枯らし一号が吹いたってニュースで言ってました。
でも天気は良かったんで花屋に沢山並んだパンジーを二株買いました。

夕方ベランダから、紫式部のまゆのような細い三日月と宵の明星がくっきり。
たそがれの中でまるで影絵を見ているかのような幻想的な風景に遭遇。
そこで発泡酒をプシュ。今日一日の終わりを名残惜しく過ごしたのでありました。

“Now or Never”
今やらなければ、いつになってもできないよ。
やれることは、今やっておいた方がいい。
だって時はどんどん過ぎて、どんどん年を取ってしまうからね。

年を取るにしたがって、そんな風に考えることが多くなりました。
遣り残したことがあれば、早くやってしまおう。
やらないで後悔するよりは、やって後悔する方が良い。

今までいろんな自分に対する言い訳をしてきたけど、それって結局
ただ飛び込んでいくだけの勇気がなかったんじゃないか。
ほんの少し、今一歩踏み出すこと。
それをいつも心の中に置きながら、生きていきたいと思う今日この頃なんですな。

そんなことをテーマにした曲をまず上梓したいと思います。
“時の旅人たちへ”聴いてください。
時の旅人たちへ

よかったらここをクリックしてね
     ↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。