• 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/12/31(Wed)

今年の名言集と来年への決意!!

年末の行事もほぼ終わり。あとは年越しそばを食べて、紅白とか格闘技とかを
ちらちら往ったり来たりしながら、カウントダウンへ突入するのみ。

年末のテレビでは、今年の総決算的な番組も多く、いろんな活躍した有名人
とか、亡くなった人とかのメッセージで印象に残るものがけっこうあった。

今年引退を表明したマラソン選手の高橋尚子は、高校時代(?)の恩師の
「花が咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ」という言葉を励みに
頑張ってきたという。なんともマラソン選手らしい、臥薪嘗胆的地道な言葉だ。

フィギアスケートの浅田真央は、失敗しないためには「攻める!!」しかないという。
攻撃は最大の防御とでも言うべきだろうか。

プロテニスの若きホープ錦織選手は、一度ツアーに優勝して、スランプに陥った時、
母親の「ラッキーは必ずやってくる!」というメールに救われたという。でもこれは
相田みつをさんの言葉らしい。努力してさえいれば、必ず幸運をつかめるという。

それぞれ、何だそんな当たり前のことか!と思うかもしれないが、それでも
その当たり前のことが大事なんじゃないかと、つくづく思う。

さて、私事になりますが、六星占術に明るい友人に聞いたのだが、自分は来年から
運が開けるらしい。あまり占いを信じるほうではないのだが、良いことは信じて
励みにしていかない手はない、と思っている。

今年まではあまり動かない方が良い(高橋尚子風に)が、来年からは動いていい
らしい(浅田真央風に攻める!)ので、いろいろ具体的に仕掛けて行きたい。
そうすれば、きっと幸運がやってくる(錦織選手風に)と信じてみたい。実はこのブログも
その前哨戦というか、決意表明みたいなもんなので。

今年亡くなった大作曲家、遠藤実さんの曲作りに対するポリシーは、「この人に良い曲を!
と思ったら良い曲はできない。あくまで自然体が大事だ!」(!!)本当に的を得た
言葉だと思う。打算では、人の心を打つ様な歌は作れない・・・(ごめんなさ~い)

今年の締めくくりに、すごく自然体で書けた歌を載せたいと思います。
それはシンガポールにいた丁度新しいミレニアムを迎える大晦日に創った歌です。
来年が自分にとって、真に新しいミレニアムの幕開けとなるように決意を込めて。
厳しい時代の中で、また皆さんにとっても新たな良いスタートが切れますように!
どうぞ良いお年をお迎えください。

オーチャード・ストーリー


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ




スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/12/26(Fri)

中国の紅白歌合戦での「口パク」禁止令の真相

真相・・・なんて、うわさの真相みたいなタイトルになってしまった。
でもこれはうわさではなく、そのスジに詳しい人の話なんで多分、間違いない!

中国でも大晦日に紅白歌合戦と同じ様なテレビの歌番組があって、中央電子台
というNHKみたいな放送局でOAされるのだが、この視聴率がはんぱじゃない。
な、なんと90%を超えるというのだから、国民のほとんど全部が観ているといっても
過言ではない。(中国の正月は太陰暦なんで日本より一月ぐらい後ですが。。)

そこで今回「口パク」はご法度との指令が出たという。事の発端は、ご存知あの
オリンピックの開会式で、国民的美少女、9歳の林ちゃんが歌った「中国を称える歌」
が口パクだった!ということで物議をかもしたといういきさつから。

実はこの背後には、口パクを容認する勢力と、許さないぞー勢力の政治的な内紛が
あり、許さないぞー派がインターネットで内部告発したというのだ。林ちゃんはこんな
派閥争いに巻き込まれてほんとに可哀相だった。

ということで、大晦日ぐらいは、そういう争いがないように、平和裏に口パクを禁止
したということだが、穿った見方をすれば、以前はそんなにやっていたのか。。。と
がっかりもさせられる。日本の紅白ではとてもそんなことやってるようには見えないが、
どうなんだろうか。。。知ってる人がいたら教えて欲しい。

そう、それでこの話にもうひとつ落ちがあるのだ。紅白は、国民の平和を守るために
口パクを禁止したのだが、今後オリンピックのような世界的な国の威信を賭けた
イベントの際には、この限りではない。。。となんと玉虫色の合意になったそうな。

なんか、どっかの国でもありそうな、軟弱な派閥争いは、そこかしこにあるもんです
なあ。。。と人間の本質を垣間見た出来事でございました。(じゃんじゃんと)


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/12/21(Sun)

失恋からなかなか立ち直れんオノコ・・・の歌

「あいのり」という名前のテレビ番組が、家でよくついている。
(ていうか、自分が見てるんじゃねえかよー)
先週は女性が男性に告白して、相思相愛で日本に帰国してしまい、
その女性にお熱だったオトコが取り残され。。。つまり失恋してしまったわけだ。

そこに今流行の脳科学者登場。男性は女性と比較して、圧倒的に立ち直りが遅い!
ということを科学的に説明していた。ふーん、だからどうしたっていうんだー!
なんていう感情的右脳系とふむふむなになに?という論理的左脳系のお話。

そもそもその右と左をつないでいる幹が太いか細いかの違いである、そうだ。
女性は太いんで、理性と感情のバランスが取れるんだけど、男性はダメージを
受けるとそれを消化できず、いつまでもぐだぐだ、めそめそと立ち直りが遅い!
(本当かよ!?)(まいっか)

では、立ち直るにはどうしたら良いか?
1.おいしいものを食べる。
2.高い買い物をする。
3.友達とおしゃべりをする。
おまけ:それでも駄目なときは、相手の悪いことを全部書き出す。
ううーーん、なるほど、これはみんな女の人の得意技かも知れんノウ!?
(ごめんなさーい)

究極的には、やっぱ次の恋人にとっとと乗り換えて、前頭葉を活性化するのが
一番だそうな。(なあんだ、やっぱりー。みなさんは、どんなやり方で失恋の痛手を
撃退したんでしょう?教えてくださいましです。)

いやはや、すべておっしゃるとおりでございます。でも世の男性諸氏はこれが
なかなか苦手なんでございます。かくいう私めも、以前それを発散するために
歌などを作ったことがございます。(さすが!シンガーリーマン!)

それでは↓ごゆっくりお聴きくださいませ。

Domino Love


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ



Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2008/12/20(Sat)

「川の流れのように」宴会に身を任せたトホホな日々

また一週間のご無沙汰です。
年末の駆け込み寺的種々雑多作業が、一応なんとか火曜日ぐらいに峠を越え、
こりゃあちと焼き鳥でも~ということで“鳥心”を皮切りに翌日は局の大忘年会で
イタリアン、その翌日はマンユーとガンバの試合を観ながらまたイタリアン
最終日は焼肉で締める!ってなわけで久々に4連荘!を達成!!

局の忘年会では、部対抗のクイズ大会で優勝!3位決定戦では、なんと
自分の歌の曲名当てクイズが出題される!(ローカルではなんと有名な!)
ようなこともあり、大当たりの日であった。

マンユーの試合の興奮冷めやらず(というのは言い訳だが)、カルク歌でも歌いに・・
と仕事仲間二人で銀座へ~。その小さなスナック系のお店もママは、昔演歌歌手!
だったとか。。。でも客対応に追われてか、なかなか歌ってくれない。
ううむ。ここはひとつ我慢比べだー!と言いつつ、最後まで粘りに粘り、
自分も“北の蛍”を熱唱。ようやくママをその気にさせたのは、なんと深夜を
ずずーーっと回ったころだった。

“あーあー、川の流れのように~”やっぱ絶品に間違いない!ことを確認し、漸く帰途
についたのでありました。そして↓そこには夜明けの太陽がまぶしく輝きだし、
雲にえもいわれぬ文様を映し出しているのでありました。うっとり。
IMG_0982_convert_20081220152353.jpg
*これはうそです。本当はオフィスから見た夕暮れの風景でした。ごめんなさいです。


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2008/12/14(Sun)

リズム音痴は治せるか?

来年成人式を迎える長男は、一浪して今年大学生になった。
野球ばっかやってた彼が突然、ギターを教えてくれと言うから、
いったい何が起こったんじゃ?

部活の帰りとかで、カラオケに行く機会も増えたらしいが、自信を持って
歌ってるジャンヌで、どうもリズムを外してると言われるらしい。
そこで、ギターとかをやれば何とか治るんじゃないか。。。と考えたんだと。
コンピューターゲームのギターフリークスでは超人技でまったく敵わない
というのに、一体どうしたというんだ!?

そう言えば、自分にも思い当たるフシがないわけではない。
学生の頃、バンドをやっていたが、よく「走ってるぞー!」と言われた。
カラオケに行っても、最初はリズムが合ってくれないことがあった。
(ていうか、自分が合ってないだけなんじゃが。。

もっと昔、小学校の鼓笛隊で指揮をしていた。総指揮は女の子で、
二つの楽隊の指揮のうちの一人がぼくだった。二つの楽隊は左右に別れ、
トラックを半周してまた合流するのだが、合流地点近くになると、明らかに
シンバルや大太鼓のリズムが合ってない!なんじゃこりゃ~。収拾つかんぞ!
考えても原因がわからなかった。

運動会当日、落ち着いて考えてみた。何気にややゆっくり目で、なるべく
歩く速度を一定にしよう!それだけを考えてやってみた。結果はばっちり。
何と本番に強いんだろう!後で考えたら、総指揮の女の子をたまに
チェックすれば良かったんじゃないか!って数年経って気がついた。(あほらし)

結論。リズム音痴は治せます!ノリノリでも必ず体でちゃんとリズムを
意識して取ること。ただこれだけ!(マンジョウ本みりんなのだ)

でも、こんな当たり前のことが、やっぱ難しい。やってるうちにどっかに飛んで
行ってしまうのが、フツウなのかもしれない。ということで「あんまり深く
考えないようにするしかない!」というのが正解なんだろうな。
(ううむ、これじゃ答えになってない気がする。ごめんなさい。)


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/12/13(Sat)

ミスチル桜井さんの世界

いやはや口癖になってしまったが、今週も大変ご無沙汰してしまいました。
お仕事良く頑張りました。まん丸お月さんもにっこりでした。

夜家でメシを食って何気にぼぅっとしていたら、歌番組が始まって、
桜井さんとどういうわけか、伊集院光さんが対談をしていた。
なんでも桜井さんの方が、伊集院さんの大ファンで呼んだらしい。
シンガーソングライターを志すもの、やはり桜井さんの一言一言に
ビビッドに反応してしまう。

“歌っていうのは、星座の星を描いていくようなもの。聴く人にはその動物を
自由に描いて欲しい”って。ううむ。何ともとらえ方が哲学的だ。
白と黒の間に無限の色があって、そこから君の好きな色をあげたい”(GIFT)
なるほど、自分が君の色になるって、すごい贈り物かも。

最近はあったりまえになった、インターネットを通じて音楽をダウンロードするって
やつには、かなり抵抗があるみたいだ。CDショップにわくわくしながら行って、
お目当てのCDを手にして、買って、明けて、歌詞カードを見ながら聴いて。。。
そういう自分の五感を通した経験みたいなものが、歌に対する思い入れになる。
そう、まさに、アナログ派って、そういうことなんだ!そういう感性がまさに桜井
ワールドの源泉なのだ!と思わず納得。

最近ミスチルのデビュー15周年記念アルバムのコマーシャルが流れてる。
これもスーパーという日常の中で、若いカップルがはしゃいでる感じをポップに
撮ってたりして、桜井さんらしいのかも。

最後に、「恐怖」について。“メンバーがなんとなく乗ってない感じ”
ううむ。確かに。やっぱり15年も一緒にやってきたメンバーの心象は、一瞬にして
わかってしまうから、かなり恐怖かも。

そういえば、私事で恐縮ですが、先日四谷3丁目の風街ろまんで、次回(2月22日)の
ライブの課題曲を練習していた時のこと。ギターのフォクシーさん、やまちゃん、ベースの
ゆーじさんみんなケッコウ乗っていたような気がする。それもそのはず、課題曲は浜省の
「悲しみは雪のように」。フォクシーさんは、その昔、浜省のコピーバンドでかなり鳴らした
と言うだけに、さすが!なのだ。

やっぱ、誰も知らないオリジに挑戦するのは、ぼくにとってはかなり「恐怖」かも
しれないと、テレビを見ながら変なことに納得してしまったのでありました。がっくり。


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ



Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/12/09(Tue)

吉野家と残業の歌

週末に車で走っていて最近出来た吉野家を発見した。ちょうどお昼時、
ひとりで腹も減っていたんで、さくっと牛丼を食おうと思い、入って驚いた。

そこには、あのぐるりと細長いカウンターはなく、な、なんとまるでファミレス
のようなテーブルがずらり。カウンターは入口の近くの一角を占めるのみ。
家族連れやら、女性の二人連れやら、まるでかっての客層と違う人種が
おいしそうに牛丼を頬張っているではないか。

席に着くや、若い女の子が注文を取りに。しかも今流行の(?)、あの
ぴっぴっ!と押す電気仕掛けの伝票を装備していたのである。

メニューも変わった。牛丼の380円は変わらないが、あの豚丼は330円で健在。
セットメニューも朝食をはじめ、お子様セットまであるのだ。極めつけは
プレーンカレー290円!!どひゃー、これは吉野家じゃない!と思いつつ、
牛丼並とおしんこ90円を注文、昔と変わらぬ懐かし~いそのままの味。

やっぱ、郊外型の店舗設計は、ファミリーもターゲットにしないと、やっていけない
という新しいマーケティングは致し方ないのであろう。でも、味さえ変わらなければ
それでいいのだ。“うまい、やすい、はやい”という吉野家カルチャーよ、永遠なれ!!


そう、話はこれで終わりではない。シンガポールから帰国してしばらく、ずぅっと残業が
続いた時期があった。その時に歩いて2分のところに吉野家があって、そこには
良く通ったもんだった。だから、牛丼を食うとあの時の切ない気分が蘇ってくる。

あの頃に残業の歌を作った。毎日毎日ぼくらは鉄板の~。。ではないが、
なんかそんな気分で、タイトルを英語にしただけだけど、“Day by Day”という歌だ。
そこに、「メシは簡単に済ますから心配いらない」というフレーズが出てくるが、
それが吉野家だとは、多分誰も想像できまい!むふふなのだ。
  ↓聴いてみてね。
Day by Day


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2008/12/08(Mon)

やっと目が覚めたジェフ千葉

今日もサッカーの話なんです。すみません。
昨日の余韻覚めやらず、球を蹴ってきました。心地よい疲れです。

Jリーグの最終節、鹿島アントラーズが雪が舞い散る札幌で
コンサドーレを破り、2連覇を達成した。最後の最後まで川崎とかも
追いかけてきたし、どこが優勝するか目の離せない盛り上がりだった。

優勝戦線もさることながら、どこがJ2に陥落するのか、というのも
目が離せなかった。特に我が千葉を本拠地とするジェフが当落線上を
行ったりきたり。サポーターも気が気ではなかっただろう。

ジェフが最終戦を勝って、しかも勝ち点が2つ上の磐田とベルディ東京が
両方負けなければ残れない!という状況で、後半もあと残すところ15分で
2点差で負けていた。このとき、誰がその後の展開を想像できただろう?!
やっと目を覚ましたジェフ。その後立て続けに4点をもぎ取った。
やりゃあできるんじゃないかよぅ!

3年前にオシム監督を取られてから、がたがたになっていたみんなの
気持ちが、最後の最後、この15分で、とにかくがむしゃらにやること
動くこと、ボールを追いかけること、ゴールを狙うこと、というごくごく
当たり前のことを、漸く思い出した。オシムサッカーの真髄を。

残留おめでとう!なんて言葉は言うつもりはない。3年前にはナビスコカップを
取ったチームなんだ。来年は是非優勝戦線ではらはらさせてもらいたいもんだ。
それにつけても、全部言ってることが我がチームでも言えてしまうという所が
恐ろしい。あんまり言い過ぎると、天につばすることになるんで、やめとこか。

あ、そう、ひとつ言い忘れた。監督の話だ。優勝した鹿島のオリベイラ氏は
当然残留だが、J2落ちのベルディ柱谷氏はさよならみたいだ。
オリベイラ氏のモットーは、①選手を人前で批判しない、②先発をはずす時は
必ず本人に直接話して聞かせる、③どんなときも一礼を欠かさない、とのこと。

ブラジルでサッカー選手にはなれなかったが、コーチ学を学んだ。良いコーチ
というのは、プレーがうまいだけじゃ駄目。人の気持ちを良く考えて使うべし。
ううむ。この哲学、サッカーだけじゃなく、会社とか、いろんなところでも当たり前
だけど、なかなか実践できてないんだよな。やっぱ行き着くところ、人なんだから。
でもその当たり前のことが、難しいんだろうな。。。と思ったわけでございました。

それではおやすみなさい。


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/12/05(Fri)

東儀秀樹プロデュースのイルミネーション

またもやご無沙汰。
年末駆け込み寺的案件多数様のおかげで様を持ちまして、
あー今日も大残業大会でございました。
今日もハラペコでうなだれて帰途についたのでありました。

と、そこのなんとも麗しき青色ダイオードの一面の大波が出現!Wow!
ブルーウェイブ

しばしその光景に見とれていると、あの日本古来の雅楽の音色が。。。
そう、あの東儀秀樹の厳粛にして、厳かな音楽が流れてきたのだ。

ふーっとひとつ、深いため息をつき、現代的光のアートと日本の古典音楽との
みごとなまでのミスマッチ感にただひたすら酔うばかりのボクなのであった。
これぞ、エキゾチック・ジャパン!!
(郷ひろみじゃないっつーに)

それにつけても省エネ省エネと喧しい昨今の世の中にあって、
時代にささやかな抵抗を試みながら年末気分を盛り上げてくれる
美しきイルミネーションたちよ!ありがとう!

と思いつつも、日本は大丈夫なんだろうなぁ。。。
という一抹の不安も拭い去れず、またとぼとぼとハラペコのおなかを抱えつつ
足早にいつものJR新橋駅へ向かうボクなのであった。。。(じゃんじゃん)

ホワイトツリー
途中には日テレのイルミネーションも。。


ぽちっと↓応援よろしくです! (にほんブログ村のランキングサイトです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。