• 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/03/20(Fri)

僕の歌人生での大きな出来事です。

今日はお彼岸の中日。一人暮らしの母を連れ、お墓参りをしてきました。
午前中は大荒れの天気だったのに、霊園に着いたお昼ごろにはすっかり雨も上がり、
お日様まで顔を出してくれました。桜の蕾も大分膨らんで、ようやく春本番ですね。

ところで数週間前、職場の先輩の女性のお母さまが亡くなりました。
その日の朝、どうしても会社に来なくてはならなかった先輩にご挨拶をしました。
お母さまの死に目にも会えず、一刻も早く飛んでいきたいのに。。。
そのもどかしさと悲しみに、今にも張り裂けそうな気持ちを必死にこらえている。。。
今まで見たこともないような表情が、ぼくの目に焼きついてしまいました。

なんとか、先輩を励ましてあげることはできないだろうか。。。
そういえば、去年の忘年会のあと、そこでかかった僕のCDを聴かせて欲しいと
言われていたことを思い出し、こんな折ではあるけれど、プレゼントさせていただいた。
アルバム「Now or Never」の1曲目、『時の旅人たちへ』という曲は、7年前に僕の
親父が死んだあとしばらくして創った、思い入れのある曲でもあったので。。。

その後しばらくしてお礼の言葉とともにこんなメールをいただいた。
「曲を聴いて、涙が止まらず、何度となく聴かせていただきました」「直接お礼を、と
思いましたが、また泣いてしまいそうなので、メールで失礼します」
「静岡の実家に戻った際に、姉と弟に聴かせたら、ふたりとも涙を流しながら、
聴けば聴くほど素晴らしいと。。。」「今静岡の我が家では俄か『マイブーム』になって
いるようです。弟などは『車の中でずっとかけている。もっと前に知っていたら、お葬式
のとき使ったのに!』などと冗談ともつかないことを言ってました。お陰で葬儀の後の
暗い雰囲気も明るくなっているようです。本当に有難うございます。」

少し誇張された内容ではないかと思ったけれど、先輩は決してお世辞を言うような人
ではない。でももしこれが本当ならば、なんと歌い手・創り手冥利の言葉なんだろうか!
これまで自分の思ったままの歌を創り続けてきて、独りよがりの世界を出ないんだろう
なあ~と思ってきたが、先輩のこの言葉で救われた。こんな時にどうなんだろうかと
迷ったけど、CDを差し上げて本当に良かった。

これからも自分の信じる道を進めばいいと思うことが出来た、僕の歌人生にとっては
大きな出来事になったのでした。

「合掌」



ぽちっ↓と応援よろしくです。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 冥利

    ささやかながら、僕も自分で作ったもので(歌はまだないけど・・。)人に感動してもらったことが何回かあります。創作冥利ってやつですな。一度この経験をすると何度も人に感動や安堵、喜びを与えたくなります。プロ、アマ問わずこの気持ちはあるはずです。

    おいらのイチオシの「時の旅人たちへ」が思わぬところで感動を呼んでいて、わが事のように嬉しいっす。

    創作魂よ、永遠に!

  • ボクも時の・・が一番好きです。

    今日の@TAP、どんな素晴らしい楽曲に出会えるかな♪

  • Re: 冥利

    >GOROちゃん、
    ありがとうです。イチオシの時旅が、思わぬところで感動を呼んでくれました。
    これからも心のままに歌を創っていきたいと思います。
    お互い創作系を目指してがんばりましょう!

  • Re: タイトルなし

    >いちろうさん、
    ありがとうです。だからこそ、時旅はこれからも大事に丁寧に歌い上げます。
    前回のTAPは初だったんで、今度はもうちっといけると思います。
    よろしくお願いします。

  • 人の心に感動を与えることができるって素晴らしいことですね^^。

  • >光陽さん

    ありがとうございます。
    自分で意図したわけじゃなくて、こういうお話をいただいたことが、自分にとっては
    とても有難いことでした。人生の中で感じたことを共感してもらえたことは、とても
    うれしい出来事でしたのでこれからも頑張ります。
    光陽さんもご自分の世界を持っていると思いますので、頑張ってくださいね!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。