• 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/03/28(Sat)

遊びがなくちゃ生きていけない!

前回の月島の居酒屋『畳屋八角』行ってきた。まじに5年ぶりぐらいかもしれない。
マスターはちゃんと覚えててくれました。と、ここまで書いて、表現に誤りが2つある
ことに気がつく。居酒屋ではなくて、「居酎屋」であり、マスターじゃなくて「親方」なのだ。

親方の親父はまさに畳屋の親方だったそうだ。小さいときから、“好きなように生きろ”
というのが口癖で、そういう指導の下で、本当に!好きなように生きてきたと。。。
若い頃の話をあまり具体的に書くと過激すぎるので、ここでは詳しく書かないが、
と~にかくどうしようもないワルだったそうだ。でも、中学校の先生にぶん殴られても、
そこに“愛”があったから、真剣に怒ってくれたから、“許せた”そうな。なるほど。
隣の席は先生を囲んで中学校の同級会をやっていた。

そんな親方がやってる居酒屋、じゃない居酎屋は、その名のとおり、日本中の焼酎が
1,100種ずら~りと棚に博物館のように並べられている。内装外装はすべて親方のデザイン。
骨董が好きな親方が、いろんなところから集めてきた電球カバー、家具、食器すべてが
昭和ロマンそのもの。ここまでこだわるか~?まじ必見!

焼酎も一本一本日本中を行脚して、蔵を回り、足で集めて来たという。一本であっても
取りに行き、蔵の頭と話をする。そこまでするから、ちゃんと次からも取って置いてもらう
ことができる。。。と。ううむ。これってなんか忘れかけてた営業の基本ではなかったか!?

“遊びがなくちゃ生きていけない”という親方の店には、いろんな種類の人間が集まってくる。
政治家の秘密集会があったり、K1選手のたまり場だったり、キャロルとかDTBWBの
元メンバーとかもやってくる。自然体な遊びへのこだわり。これが親方の不思議な魅力だ。

月島は、もんじゃだけの街じゃない!そんな粋な隠れ家があることも、是非覚えておいて
欲しい。次に行くときには、親方はまた詩をいくつか持ってきておいてくれるそうな。。
なんかまたはまりそうで、ちとコワイですのう~。

PS:厨房の助っ人に、K1選手で“アシュラ”さんという人がいるんで、応援してね!


ぽちっ↓と応援よろしくです。
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。